家具のコクサイ

トップ > 新着情報 > 新着情報

新着情報

2020年03月29日(日)

早生樹センダン植樹記念

今年3月29日(日)に『早生樹センダン植樹活動』が京都郡みやこ町において行われました。



   今年3月29日(日)に京都郡みやこ町において、福岡・大川家具工業会の『早生樹センダン植樹活動』が行われました。
 センダン(栴檀)の木は、本州(伊豆諸島以西)、小笠原、四国、九州、沖縄の暖地の海岸沿いや山地に自生するセンダン科の落葉高木です。

 木材として利用できるまでの成長が早く、杉やヒノキは植えてから木材として利用できるまでは40年~50年かかりますが、センダンは15年から20年で直径30~40㎝の木材が得られます。材質は、堅くケヤキなどに似ており家具材や内装材に向くという事です。

 木材は、木を育て伐採し、家具や建築物などに使用し、消費し、再び自然に戻る。この循環で木を伐採して、消費して、同時に苗木を植えて育てれば木材として再び生産されます。つまり資源の生産リサイクル、いわゆる「緑の循環」です。

   家具に長い間携わっている者たちとして、センダン林の造成とさらなる植栽や育林活動を通して森林事業者の方々とパートナーシップを築き、業界全体でこの活動を推進していきたいと思っております。
 


‹ 前へ 一覧へ戻る 次へ >